ピディオキシジルの驚きの効果!威力はミノキシジル並!?

薄毛は、髪の毛のボリュームが不足してしまい、

頭皮を隠すことが出来なくなった状態のことです。

様々な原因で発症するのですが、

男性の大部分はDHTという物質が原因で進行するAGAという症状です。

 

AGA対策に話題沸騰中の成分ピディオキシジルとは!

 

このAGAは、

DHTの脱毛因子を誘導するという作用により、

正常であれば数年間は続く髪の毛の成長が、

半年から1年程度にまで短くなってしまうという症状で、

太く長く成長できなくなり軟毛化が進行するという内容です。

 

この症状は、遺伝が密接に関係していることが明らかとなっており、

特に母方の祖父から受け継ぐ男性ホルモンアンドロゲン受容体遺伝子の

遺伝子多型が重要なポイントとなります。

 

この遺伝子を受け継いでいる場合は、

毛乳頭細胞のアンドロゲン受容体とDHTが効率的に結合するので、

脱毛因子の生産量が増加してしまうからです。

薄毛は隔世遺伝が関係しているということは以前より囁かれていたのですが、

それはこのような仕組みによるものです。

 

ちなみに、

AGAは基本的には単なる生理現象の一種で、

これにより健康が損なわれてしまうという心配は全くありません。

しかし、年齢よりもかなり老けて見られるために、

異性からの評価はかなり厳しいものとなってしまいます。

特に、10代や20代で発症してしまった場合は、

周囲にほとんどいないということで必要以上に目立ってしまい、

精神的に深刻なダメージを受けるケースも少なくはありません。

 

このために、

この症状を改善するために様々な方法が考案されてきたのですが、

荒唐無稽な内容のうえに高額を請求するという民間療法も存在しており、

裁判沙汰になるというケースも起こっています。

 

このような状況の中で、

皮膚科学の視点から正しい治療法を提示するという理念の元に、

2,010年に発表されたのが、

日本皮膚科学会による男性型脱毛症診療ガイドラインです。

このガイドラインでは、

巷で行われている薄毛治療や市販されている育毛剤に配合されている成分を、

A~Dまでの5段階に分類しています。

 

その中で、外用治療の第一選択薬として強く推奨できると評価されたのが、

ミノキシジルという成分です。

 

この成分を配合している商品は、

育毛剤よりワンランク上の発毛剤に分類されており、

第一類医薬品に指定されています。

 

毛乳頭と毛母細胞の両方を活性化することにより、

発毛を促進して薄毛を改善するという仕組みです。

 

 

このミノキシジルをさらに安全に利用するために開発されたということで、

現在話題沸騰中なのがピディオキシジルという成分です。

分子構造は極めて類似しており、一部だけを別の分子に置き換えただけです。

これにより、効果はそのままで浸透性が良化したうえに、

安全性においても信頼できる状態に変化したと言われています。

 

なお、このように魅力的なピディオキシジルですが、

現在のところは厚生労働省未承認ということで

医薬部外品指定を受けることは出来ません。

 

このために、育毛剤として提供することは出来ませんが、

育毛系化粧品として複数の商品が既に登場しており、人気を集めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です