ピディオキシジルは本当に安全なの?副作用は・・・!?

髪の毛のボリュームが不足してしまう薄毛は、

見た目を大きく変えてしまうということから社会的な影響を受けてしまいます。

特に、

異性からの評価はかなりシビアなものとなるので、

20代や30代で発症するとかなりの苦痛を伴うことになります。

 

このために、

改善するための様々な方法が考案されているのですが、

それらの全てが信頼できるというわけではありません。

このような状況を改善するために、

2,010年に日本皮膚科学会が発表したのが「男性型脱毛診療ガイドライン」です。

 

ピディオキシジルはミノキシジルの副作用が無くなった育毛成分!?

 

日本皮膚科学会が発表したのが「男性型脱毛診療ガイドライン」とは、

皮膚科学の視点から薄毛治療についてA~Dまでの5段階に分類するというもので、

標準治療の確立に寄与するということを目的としています。

この中で

最も高く評価されたのが、finasterideの内服とミノキシジルの外用で、

それぞれ内服療法と外用療法における第一選択薬として強く推奨できるとしています。

 

この内で前者のfinasterideの内服はAGAの専用治療薬ということから、

薄毛全般に対して有効性を期待できるのは、

後者のミノキシジルの外用のみということになります。

 

このミノキシジルと分子構造が類似しているということで、

同様の作用を期待できるとして注目を集めているのが、

ピディオキシジルという成分です。

 

既に韓国では、この成分を配合した育毛剤が作られており、

かなりの人気を集めています。

日本でも、徐々に知名度は高くなっており、複数の商品に配合されています。

 

 

ちなみに、

このピディオキシジルが話題を集めている理由は、

ミノキシジルと似ているにも関わらず副作用が報告されていないということです。

 

ミノキシジルは、降圧剤として開発されたということで、

服用すると血圧が急激に変動するという副作用が高確率で発生するので、

著しい高血圧や低血圧の人、心臓が悪い人は医師への相談が必要となります。

これに対して、このような症状の心配がないということで、

ピディオキシジルは誰でも安心して利用することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です