ミノキシジルとは?ピディオキシジルの元になった成分!

ミノキシジルとは、

AGAとも呼ばれる男性型脱毛症の治療薬として使われている成分です。

 

薄毛予防成分として使われている、

ピディオキシジルという成分の元としても知られています。
治療薬の分野に該当しますので、

病院で処方されるものや、市販薬に使われています。

 

元の成分ミノキシジルとピディオキシジルの効果とは?

 

男性型脱毛症では,

悪玉男性ホルモンが活性化することで薄毛の症状が進行してしまうのが問題です。

ミノキシジルには症状の進行を食い止めるというよりは、

発毛効果を促す作用があるのが特徴になります。

 

主な作用としては血行を促進させる機能を持っています。

毛の毛根部分の毛乳頭付近に、毛母細胞というものが存在しており、

ここに血液中の栄養素を送り届けることで、

丈夫で太い毛を伸ばすことが可能です。

 

薄毛の症状を発症している人は、

血液が頭皮の毛細血管まできちんと送り届けられていない場合がよくあり、

毛が十分に育たずに頭皮が透けて見えることが多くなっています。

 

ミノキシジルを使うことによって、

血管を拡張をして、とても細かな毛細血管まで

スムーズに栄養豊富な血液を送り届けやすくなります

 

おかげで毛がしっかりと生えそろう条件が整い、

以前のように元気な髪の毛が蘇るきっかけを与えてくれます。
効果のほどはきちんと実証されていますから、

男性型脱毛症を中心とする薄毛治療において、

信頼できる治療薬として、病院で標準的に患者に対して処方しています。

 

以前までは医師の処方が必要な成分でしたが、
現在では限られた濃度であれば市販薬としても販売が許可されています。

 

日本国内において唯一この成分を含んだ市販薬として、リアップが大変有名です。

リアップには成分を1%配合したものと5%を配合した高濃度のものが存在します。

女性でも使うことができますが、

女性には1%が配合された専用のシリーズを使う必要があります。
有名な成分ではあるものの、価格の高さがネックです。

 

女性でも使える安全性が確保されてはいますが、

副作用が全く無いとは言い切れませんので、

細心の注意を払って使用しなければなりません。

 

一方のピディオキシジルですが、

ミノキシジル誘導体などといわれる成分で、
頭皮などの皮膚に安定的に成分を浸透させる優れた作用を持ちます。

 

とても安全性が高い成分で、
●薬用ケア製品
●まつ毛美容液
●育毛剤
●シャンプー

など、多くの市販品の多くに使われています。
まつげ美容液にも配合されるほど毛を豊かに育てるのに有効な成分で、

頭皮向けとしては育毛剤に配合されている製品がいくつか存在します。

 

ピディオキシジルはミノキシジルのような強力な作用はないものの、

血行を促進するなどの似たような効果を持っており、

配合できる条件が厳しくないことから、

誰でも気軽に使いやすいメリットを持っています。

 

作用が穏やかですので、

●日常的に長く使い続けられること。
●頭皮環境を改善できること。
●薄毛予防を目指す。

というのが正しい使い方です。
深刻な薄毛の症状があるなら病院で治療を受けるのが一番ですが、

そこまでひどくなければ

普段のケアとしてピディオキシジルを上手に使っていきいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です