AGAとは?

男性の中には、

20代の初め頃から抜け毛や薄毛に悩まされる人が少なくありません。

 

こういった薄毛の原因には様々な可能性が考えられますが、

とりわけ最近ではAGAが大きく関連しているケースが多く注目を集めています。

 

AGAとは、男性型脱毛症という薄毛の症状。

 

これは単なる薄毛症状というだけでなく、

体内の変調がもたらした一種の病気であり、

改善するためには専門医院などを受診して治療を受ける必要があります。

 

それでは、AGAとは具体的にはどのような病気なのでしょうか?

 

まず、発症の原因としてはまだ解明しきれていない部分も多いのですが、

現在までのところ親から受け継いだ遺伝子に寄るところが大きく、

特に母方の遺伝子に含まれる情報の中に発症の原因が含まれていると言われています。

そのため母方の祖父や叔父などの中に薄毛の人が多ければ、

自分もそれに準じて将来的に薄毛化してしまう可能性が濃厚だといえるでしょう。

 

また、自分がAGAかどうかを見極める簡単な目安としては、

頭部のどこの部位から薄毛が始まっているかをチェックすることが有効です。

 

もしも頭頂部や額の両サイドから進行しているようであれば、

これは男性ホルモンが強く反応しやすい部位ですので、

まさにこのAGAによる薄毛を発症している可能性が濃厚と言えます。

 

AGAにかかると、

精巣にて作り出されるテストステロンと言う男性ホルモンが体内を巡る中で、

頭皮にある5αリダクターゼという酵素を反応しDHTという物質を作りだします。

 

すると、

AGAの患者はこのDHTをすぐに感知する受容体を数多く有していることから、

これらが結合することですぐに拒否反応が引き起こされます。

この拒否反応というのが、毛細血管を経由して栄養分を毛乳頭へと供給していたものをストップさせてしまうというもの。

 

これによって

●頭髪は栄養不足の状態に陥ってしまう。
●毛母細胞の細胞分裂も鈍化してしまう。

そして、

これまで順調に成長していた頭髪の成長サイクルが、

行期や休止期を迎えてしまうのです。

 

 

このように、

成長サイクルが完全に崩れてしまった頭髪は、

次第に毛根を含む毛包を縮小させていき、

しまいにはそれが消滅してしまいます。

 

この状態になるともはや育毛剤などで栄養分を補給したり、

毛細血管の血流を活発にしても肝心の毛根がないため、

全く効果がなくなってしまいます。

 

そのため、

何らかの対策を行うのであれば、

まだ毛根が元気な早期の段階で

手を打つことが何よりも肝心なことといえるでしょう。

ただし、

病院ではこの症状の改善に有効な治療法がいくつも存在します。

もっとも一般的なのはフィナステリドという成分を含むプロペシアの処方

 

これを服用すると5αリダクターゼの働きを抑制でき、

結果的にDHTの分量も少なくなるために、

頭髪の成長サイクルが正常化へと導かれていきます。

 

またミノキシジルを含む育毛剤の処方も欠かせません。

これを頭部に塗布すると毛細血管が拡張されて血流量が上がるので、

それに乗せて運搬される栄養分の供給量も上昇します。

 

このようにして、

頭髪をめぐる環境が改善することによって失われた頭髪を再び取り戻し、

活性化へと導くことが可能となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です