ピディオキシジル配合の育毛剤!総まとめ!

ピディオキシジルは、

育毛剤や化粧品などの様々な美容アイテムを取り扱っている

インドの原料メーカー「Kumar Organic Products Limited」が開発した

スカルプ成分です。

 

ピディオキシジル配合育毛剤をまとめてみようー!

 

ピディオキシジルは、

海外でKopyrrol (6-Pyrrolidino-2,4-diaminopyrimidine 3-oxide)と呼ばれています。

これは、育毛成分のミノキシジルをほぼ複写(Copy)したことが理由で、

5-Pyrrolidino→6-Pyrrolidinoと一か所だけ分子配列を変更しています。

 

これにより、どのように変化したかというと、

●多毛症
●不整脈
●動悸
●むくみ

など、報告されているミノキシジルによる副作用の危険がなくなったと言われています。

 

一方、マウスを使った動物実験では顕著な発毛効果が確認されており、

育毛効果については有効性をキープしているようです。

 

つまり、安全性を高めたミノキシジルということで、

かなり注目を集める存在となっています。

 

なお、このピディオキシジルは、

2,016年の時点では厚生労働省から承認されていないために、

医薬部外品指定の育毛剤には配合することは出来ません。

ただし、

この成分を配合した商品は、2,014年ごろから登場しており、

育毛系化粧品として提供されています。

その中で最も人気が高いのが、

「ボストンスカルプエッセンス」と「フィンジア」です。

 

 

まず、ボストンスカルプエッセンスは、

化粧品に分類されている商品でありながら、

医学雑誌の「先端医療と健康美容」にも掲載されているように、

かなり本格的な内容を備えた薄毛ケアアイテムです。

この商品には、

ピディオキシジルと共に注目されているスカルプ成分の「Capixyl」を配合していることが特徴で、

さらにノーベル賞受賞のアンチエイジング成分「フラーレン」、

発毛を促進させる「成長因子」など、

従来の育毛剤とは明確に異なる方向性により構成されています。

また、この商品は180日間という他には見かけないような長期間の返金保証制度を用意しています。

このために、使ってみて合わなかった場合でも、

経済的に損をしてしまう心配はありません。

このように、かなり特徴的で独自性の強い内容を備えているので、

一部からは熱狂的な支持を集めています。

 

もう一方のフィンジアは、

2,015年の夏に誕生した商品で、

こちらもボストンスカルプエッセンス同様に、

ピディオキシジルとCapixylをダブル配合していることが特徴です。

ただし、こちらの場合はそれ以外に配合している成分は、

センブリエキスやヒオウギエキス、グリチルリチン酸2Kなど、

従来の育毛剤でお馴染みのものが使われており、安定性を重視した構成となっています。

 

このために、これまでにない効果を期待しているのであれば、

ボストンスカルプエッセンスの方がオススメですが、

育毛剤として安定した効果を得られるのはフィンジアということになります。

 

この辺りを考えたうえで、自分に向いている方を選択するのが適当です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です